Sample HomeSample Home

木材(構造材)

地元産の木材は土地の気候によく合っているので適しているといわれています。墨付けをし、つけられた墨に従って手刻みで加工します。「大工さんによる手刻み」は、木の性質やくせを見極めながら加工していきます。「手刻み」は「時間が経つと締まる」(無垢の木は呼吸しているので。)ためそれを計算に入れて加工しなくてはなりません。熟練の技が光ります。

京の町屋風情
地松桁

和風施行例

一軒の家でたくさんの木材を搬入し用途によって強度や性質の違う木を使います。

地松の梁丸太

地松の梁丸太

桧 柱

桧 柱 105×105

桧 柱 105×105

桧土台

桧土台

墨付け

和風施行例

墨付けをしています。これが終わると手刻みに入ります。

職人技

手刻み、桁(地松)加工

桁(地松)加工。墨付けをして丁寧に手刻みをします。

職人技

手刻み、母屋(杉材)加工

母屋(杉材)加工。丁寧に手刻みをします。

<< 前のページに戻る

この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。